どるばこ速報 トップ > PINKニュース+ > 【ナイト】首都圏『立ちんぼ事情』最新報告 手口も大胆でいきなり腕を組んできたりおっぱいを押しつけてくることも[10/30] ©bbspink.com > キャッシュ - (2017-12-17 09:03:21 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【最新に更新】

【ナイト】首都圏『立ちんぼ事情』最新報告 手口も大胆でいきなり腕を組んできたりおっぱいを押しつけてくることも[10/30] ©bbspink.com

1 :
逢いみての… ★
2017/10/30(月) 23:58:52
「3年後に東京オリンピックを控えて、当局の浄化作戦も本格化。街の風俗店には派手な看板を撤去するよう、指導しています」(風俗ライター)

東京がクリーンな街であることを世界にアピールすべく、“いかがわしい”風俗店への締めつけを強化。
その結果、かつてアジア一の魔都と呼ばれた新宿・歌舞伎町は、今や日中は家族連れも見かけるほど健全な街になりつつある。
そんな中、裏風俗の代名詞と言える“立ちんぼ”に異変が起きているという。

「歌舞伎町の立ちんぼたちも追い出され、一時期は壊滅状態になりました。ところが最近になって、渋谷や池袋、中野、鶯谷といった新宿から離れた街によく出没しているんです」(前同)

まさに立ちんぼの“ドーナツ化現象”だ。加えて、国際色も豊かになっている。

「中国系の本番マッサージや、韓国系の本番デリヘルなどの外国人風俗は存在すること自体、日本のイメージダウンになりかねない。
そう睨んだ当局が、とことん潰した結果、あぶれたアジアの女の子たちも立ちんぼとなったんです」(同)

ネオン街の状況が一変しているというのだ。
そこで、本誌は最新の首都圏「立ちんぼ事情」を徹底調査。まずは中野駅周辺の状況を追った。

「キャバクラも多い北口界隈が激アツスポット。夜10時を過ぎると、20~30代ぐらいの中国人女性が出没して、道行くオジサンたちに絡んできますね」(夕刊紙風俗担当記者)

手口も大胆で、いきなり腕を組んできたり、おっぱいを押しつけてくることも。

「タダで若い女の子と密着できるとあって、遊ぶ気もないのにウロウロしているオジサンもいます」(前同)

まるで無料配布のティッシュをもらおうと、何度も往復する主婦のようだ……。

立ちんぼは、ギャルの聖地・渋谷にも広がっていた。

「渋谷駅から道玄坂を少し上ったあたりにある某ファミレスの前が有名です。その先には風俗店やラブホが密集しており、ヌキ目的の男も多いので、女の子たちも集まって来るんです」(風俗誌編集者)

立っているのは、コリアン美女が中心。

「渋谷という場所柄もあって、彼女たちの服装も派手。太ももむき出しのミニスカート姿も多くて、正直、目を奪われますよ。
見た目がギャルっぽいので、日本人の女の子かと思っちゃいますね」(前同)

一方、日本人の立ちんぼが出没するのは池袋。池袋駅の北口は、日中から出没するという。

「昼間からいるのは大抵、人妻です。池袋は北関東の玄関口なので、埼玉から来る奥さんも多い。単にセックスがしたくて、男を待っていることも」(池袋在住のフリーライター)

さらに池袋の近くに住んでいる人妻の場合は、自宅に連れ込んでコトに及ぶケースもあるという。

「客を取ってラブホ街に向かう姿を怖いお兄さんに見られたら、“ミカジメ料”を請求される危険がある。
そこで自宅に連れ込む方法が、人妻立ちんぼの間で流行っているようです」(前同)

日本人の立ちんぼでは、町田も有名だ。

「ここは神奈川に住む女性がウリに来るんです。特に国道16号線は立ちんぼ地帯で、スカウトマンたちも“女に困ったら町田”というのが合言葉になっています」(前出の風俗ライター)

続く

以下ソース
http://taishurx.jp/news/detail/26229/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 :
逢いみての… ★
2017/10/30(月) 23:59:26
それ以外の有名スポットでは鶯谷、錦糸町などが挙げられる。

「最も国際色が豊かなのは外国人パブの多い錦糸町。ロシアや北欧系、中国人、韓国人、フィリピン、タイ、あらゆる国籍の女性が立ちんぼしています」(前同)

これも外国人風俗の摘発の影響だろう。鶯谷は中国や韓国系が中心だ。

「鶯谷は、かつて韓国系の本番デリヘルが200軒以上あった風俗街。それらの店も摘発で壊滅したので、路上にあふれているんです。街のアジア化の影響か、マレーシア人やシンガポール人の立ちんぼも見かけるようになりました」(前同)

空洞化した歌舞伎町を中心に、ドーナツ化が進む首都圏の立ちんぼ事情。
だが、さらに取材を進めると、我々はとんでもない見落としをしていたことが発覚したのだ。

「裏歌舞伎町と呼ばれる旧ハイジア前には立ちんぼならぬ“座りんぼ”が、まだまだいますよ」と言うのは歌舞伎町事情に詳しい裏社会ジャーナリスト。
基本的に座った体勢でスマホを弄っており、傍目には客を待っているように見えないのだ。女性はほとんど日本人で、「彼女たちのバックには地元の有力者がケツ持ちとしているので、行儀もいいんです」(前同)

というから、ある意味、安心(!?)して遊べるそうだ。それだけではない。

「外国人の立ちんぼと違い、日本のお父サンの懐事情も分かっているので、値下げにも応じてくれるんです。
以前、自分は財布に“5000円しかない”と言ったら、帰りのタクシー代も考えて、2500円でヤレたこともあります。25歳くらいの、普通にかわいい子でした。
ホテル代もないからって電柱の陰でハメさせてくれましたね」(前同)

むろん、買春も売春も犯罪であることに間違いはない。甘い誘惑に乗ってはいけませんゾ……。

終わり
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【最新に更新】

どるばこ速報 トップ > PINKニュース+ > 【ナイト】首都圏『立ちんぼ事情』最新報告 手口も大胆でいきなり腕を組んできたりおっぱいを押しつけてくることも[10/30] ©bbspink.com > キャッシュ - (2017-12-17 09:03:21 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]