どるばこ速報 トップ > PINKニュース+ > 【海外】「犬と俺、どっちが大事なんだ?」 夫から選択を迫られた妻 「犬を捨てる選択肢はない」―イギリス[06/10] > キャッシュ - (2018-06-10 00:30:29 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【最新に更新】

【海外】「犬と俺、どっちが大事なんだ?」 夫から選択を迫られた妻 「犬を捨てる選択肢はない」―イギリス[06/10]

1 :
逢いみての… ★
2018/06/10(日) 00:29:39
https://www.unilad.co.uk/wp-content/uploads/2018/06/Dogs-A.jpg
犬か夫か、選択を迫られ犬を選んだ女性

ペットを家族のように可愛がる人は多い。しかし伴侶とペットのどちらを選ぶかという局面に立った時、あなたならどうするだろうか。このほどイギリスに住む犬好きの女性が夫に犬か自分かの選択肢を突きつけられて、犬を選んだという。『real fix』『Metro』などが伝えている。

サフォーク州バーナムに住むリズさん(49歳)が夫マイク・ハスラムさん(53歳)と出会ったのは、リズさんが16歳の時だった。高校卒業後にマイクさんと暮らし始めて1991年1月に結婚し、息子のオリーさん(22歳)を授かった。7年前に今の家に家族で引っ越してきたリズさんは、広大な敷地内でペットホテルを経営することを思い立った。リズさんは母がウエスト・ハイランド・ホワイトテリアのブリーダー、父はペットフード会社の経営者という環境で育っており大の犬好きで、人生のほとんどを犬と一緒に過ごしてきたのである。

リズさんはペットホテルを運営する一方で、ブルテリアの救済・保護団体「BedforBullies」を立ち上げ、引き取り手のいないブルテリアの里親となった。ボランティアネットワークを利用して世界中からブルテリアの保護に努めてきたリズさんは、現在30匹のブルテリア、オウムとコンゴウインコを1羽ずつ世話している。常に犬を優先するリズさんの姿を長年見続けてきたマイクさんは、自身も仕事に熱中するようになりリズさんのことを顧みなくなった。また、家に次から次へと犬を引き取って来る妻に我慢の限界を感じ、夫婦関係の修復不可能を悟ると、1年半前にリズさんのもとを去って行ったそうだ。

「夫は、『自分と犬とどっちが大切なんだ』と選択を迫りました。25年も一緒にいて、私には犬を諦める意思などないということを夫は知っていたはずです。でも家に犬が増えすぎて、夫は我慢の限界を感じたのでしょう。出て行ったのは夫の意思です。別れる前は『パスポートを取って夫婦で旅行に出よう』とばかり言っていました。でも犬を放っては行けません。だから結局、私たちは別々の道を歩むことにしたのです。正式にまだ離婚をしていませんが、夫が出て行ってからは何の音沙汰もありません。」

リズさんは一日のうち18時間を犬に費やしている。日に4回散歩に連れて行き、脳障害や聴覚・視覚障害など健康上問題を抱える15匹の犬の世話もあり、旅行はおろか休みの日を持つことさえ不可能だ。リズさんは「私には犬を世話するという責任があるし、今更全てを捨てることなどできません。ペットホテルの経営は順調ですが、7匹分しか預かるスペースがなく収入としては十分ではありません。でも得たお金は、家賃や生活費になっています」と話している。しかしながら30匹のエサ代以外にも、薬や治療代など動物病院にかかる費用は4,000ポンド(約59万円)以上にのぼり、加えて毎月の家賃800ポンド(約12万円)の支払いがあるため、なかなか日々の暮らしは大変なようだ。

リズさんが創設した「BedforBullies」は寄付金のみで運営されており、他の保護団体が引き取れないブルテリアを代わりにリズさんが引き取って面倒を見ている。リズさんはこれまでに200匹ほどの犬の里親となってきた。マイクさんが家を出た後も、犬を引き取り続けてきただけでなく現在はひとりのホームレス男性の面倒も見ているという。しかしここに来て、大家から1年以内に住んでいる家を出て行くようにと要求されてしまった。最後にリズさんはこのように語っている。

「これまで多くの犬を引き取ってきましたが、今度は自分が住む家を探さなければなりません。でもこの選択をしたことを私は後悔していません。」

続く

以下ソース
http://japan.techinsight.jp/2018/06/ellis18410606.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 :
逢いみての… ★
2018/06/10(日) 00:29:57
このニュースを知った人からは、「なんか悲しい」「自分の意見としては家で2、3匹…いや5匹までなら飼ってもいいとは思うけど、それ以上となるとちょっと身勝手に思える。必死で仕事をしていたのは旦那のほうみたいだし、きっと犬の世話に旦那も相当な出費を強いられていたのでは」「夫婦が別れてしまったのは悲しいけれど、リズさんは引き取り手のない犬の世話を懸命にしているのだから、それは素晴らしいと思う」「夫よりも30匹の犬を選んだのか。確かにブルテリアはフレンドリーだけどね…」といった声があがっている。

https://www.youtube.com/watch?v=Z-YA5ZWAhE4

終わり
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【最新に更新】

どるばこ速報 トップ > PINKニュース+ > 【海外】「犬と俺、どっちが大事なんだ?」 夫から選択を迫られた妻 「犬を捨てる選択肢はない」―イギリス[06/10] > キャッシュ - (2018-06-10 00:30:29 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]